◆位置情報通知システムの概要◆

 携帯電話・IP電話等(IP電話、直収電話のうち、050で電話番号が始まる電話サービスを除く)からの119番通報については、位置情報通知システムを運用しています。
 
このシステムでは、携帯電話・IP電話等からの119番通報において、音声通話と併せて通報者の位置情報が自動的に通知され、指令台において電子地図上に表示することが可能となります。
 特に屋外からの通報で住所不案内の場合も多い携帯電話からの119番通報には大変効果的であるなど、通報者の発信位置を迅速に把握することが可能となるため、より迅速かつ確実な消防に役立つようになります。



 

  通知される位置情報
 
  携帯電話の場合
: 緊急通報を受信した基地局所在地から算出された位置情報が通知されますが、
GPS測位方式対応機種については、
          より精度の高い
GPS測位情報が通知されます。
 
  IP電話等の場合:契約者情報(住所・氏名)が通知されます。

 その他

  (1)口頭による情報伝達について
      位置情報が十分確認できないことがありますので、119番通報に際しては、これまでどおり口頭で住所等通報位置や目印となる目標物を伝える
     ようお願いします。
  (2)「184」を付加した通報について
       対象となる電話からの通報であっても、「184」が付加された発信者番号非通知の場合は、位置情報について管轄する指令台に通知されません。
       ただし、この場合でも、消防本部等において緊急に位置情報が必要であると判断したとき(人の生命、身体等に差し迫った危険があ
     ると認められ、通報内容から直ちに位置情報が知ることができないとき)には、位置情報を取得することがあります。
 

 資料提供:総務省消防庁より


  戻る