11月9日は「119番の日」 

  

  
  毎年、この日には、防火意識の喚起とともに、適正かつ迅速・的確な119番通報を呼びかける啓発活動が行われています。また、秋の全国火災予防運動の初日にもなっています。
  1987年に自治体消防発足40周年を機に、消防庁によって制定されました。消防・救急に関する緊急通報用電話番号である119番にちなんだ語呂合わせです。
  火災や急病・けがなど、目の前で発生した場合は、誰でも気が動転し興奮した状態になりがちです。落ち着いて119番通報できるように、町会・自治会、事業所などで実施する防災訓練時に積極的に参加するとともに、下記の「119番通報5つのポイント」を参考に、通報要領を確認しておきましょう。



~119番通報 5つのポイント~

1.火災救急別
   「火事です。」または、「救急です。」とはっきり言うこと。

2.場 所
   住所は、正しく、詳しく言うこと。
   目印となるビルや公園、交差点名なども伝えること。

3.火災・事故等の状況
   「○階建てのビルの△階が火事です」など、何が(だれが)どうし
     たかを正確に分かりやすく言うこと。

4.通報者の氏名連絡先
   「私の名前は、○○ ○○です。電話番号は、△△△-△△△△で
     す。」(特に携帯電話からの通報の場合はその旨を伝える。)

5.携帯電話による通報の場合
   通報後しばらくの間は、電源を切らずに現場の近くで安全な場所に
    いること。また、車等の運転をしながらの通報は危険です。    



119番通報の応答要領

ここをクリック



火災の場合

救急の場合


nikiseibi.htmlへのリンク

newpage3.htmlへのリンク